紫外線から肌を守る方法

シミやしわ、たるみの肌トラブルにお悩みの女性も少なくないと思います。
そういった肌トラブルが起きないように、ビューティーサロンを利用して肌の健康を保つこともおすすめします。
ビューティーサロンでは、美容鍼やオイルマッサージとさまざまな方法があります。
自分の肌に合ったケアをしてシミやしわ、たるみから肌を守りましょう。
そういった肌トラブルの原因の一つとして、紫外線が影響を及ぼしています。
こちらでは、紫外線からお肌を守る方法をご紹介いたします。

アイテムを使う

外出の際には、UVカット機能がある日傘や帽子、サングラスを活用しましょう。
紫外線は目にも影響を及ぼすため、長時間の外出の際にはサングラスの着用をおすすめします。
夏場には暑いですが日光を直接身体に当てないように、長袖のシャツを着用しましょう。
より紫外線をカットできるように、薄い色のシャツよりも濃い色のシャツを選ぶのがポイントです。

日焼け止め

紫外線に一番適したアイテムです。
ウォータープルーフタイプ・化粧下地タイプ・ホワイトニングタイプなど、それぞれが使用シーンに合わせた特徴を持っています。
SPFとPF表示を確認して自分の肌と生活シーン、使い心地が良いものを選びましょう。
肌にムラなくのばして使用して、2〜3時間の間隔で塗りなおしましょう。

曇の日も対策を

曇りの日は、快晴の日よりも紫外線量は少ないです。
少ないからと安心して、紫外線対策を怠らないように気をつけましょう。
例えば、曇りの日に紫外線対策をしないで長時間の外出をした場合、快晴の日に数時間を紫外線に当たったことになります。

アフターケア

日焼けをして火照った肌はクールダウンを早めに行いましょう。
その後は化粧水で肌の水分補給をして、ジェルやクリームで保湿ケアをして下さい。

ビューティーサロンによるケアで、肌をリフレッシュさせることもおすすめです。
特に美容鍼は肌への副作用がなく、ナチュラルな施術方法として人気を集めています。
口コミで評判のビューティーサロンを青山でお探しの方は、当院をご利用下さい。
女性に人気の美容鍼、小顔矯正、整体と多くのコースをご用意しています。
個室完備でリラックスできる空間のビューティーサロンです。
心と身体のリフレッシュをしたい方はお気軽にお問い合わせ下さい。