姿勢矯正で体質改善

体質改善には、毎日の食事を見直したり運動をするようにしたりと様々な方法がありますが、ここでは「姿勢矯正」により体質改善についてご紹介します。日常の様々なシーンでの姿勢に気をつけることで、身体の歪みを予防しましょう。
もし既に歪みが感じられる場合は、整体での姿勢矯正がおすすめです。またポッコリお腹も気になる方には内臓の調整も含めた内臓整体をおすすめします。整体で歪みを調整したあとは、ここで紹介する日常生活の中でできる姿勢矯正を行うことで体質改善を図り、健康的な生活を送りましょう。

■ 姿勢が悪いと

姿勢が悪く、猫背などになってしまうと身体に歪みが生じてしまいます。
そのことにより、内臓に負担がかかってしまったり、肩こりや頭痛、顎関節症などを引き起こしてしまったりする可能性があります。

■ 猫背に気をつける

猫背は身体の様々な場所に負担をかけてしまいます。姿勢を正すことが必要ですが、無理に背筋をはりすぎるとすぐに疲れて猫背に戻ってしまいます。身体の中心に芯があると想像し、身体をリラックスさせた状態で、その芯を少し上に引っ張られているようなイメージでいると正しい姿勢がキープしやすいでしょう。

■ 呼吸に気をつける

猫背になると呼吸が浅くなってきます。姿勢を正して腹式呼吸による深い深呼吸を心掛けましょう。

■ 左右のバランスに気をつける

日常生活の中で何気なく行ってしまっていることに気をつけることで、姿勢矯正をすることができます。
人には利き手や利き足があり、どちらか一方をよく使うという傾向があります。同じ方ばかりを使ってしまうと左右のバランスが崩れ、身体に歪みが生じてしまいます。以下に挙げる行動をする際、左右のバランスを考え行うようにしましょう。

<立っている時>

どちらかの足に重心をかけるような姿勢で長い時間立っていたりすると、その重心をかけた側に負担をかけてしまいます。

<座っている時>

頬杖をつくクセがある方、同じ方の腕ばかりでしていると片側の腕への負担もかかり、また首や顎への負担もかかります。
体質改善のためにはなるべく頬杖はつかない方が良いですが、もしどうしてもしてしまうようなら左右バランスよくするように意識しましょう。足や腕を組む場合も、同じ方ばかり使わないようにします。このように普段の姿勢に気をつけることにより、身体の歪みを防止できるでしょう。

<荷物を持つ時>

片方の腕や肩で荷物を持ち続けると、肩甲骨の左右差だけでなく骨盤にも左右の差が生じてきます。交互に持ち替えたりバックの種類を変える(肩掛けやリュックなど)ことで様々な筋肉を使っていきましょう。

体質改善や姿勢矯正、ポッコリお腹でお悩みの方、青山・表参道エリアで整体・内臓整体をお探しの方は、是非当院をご利用下さい。